ピアノ

子供のピアノ処分するの?その前に弾いてみませんか?

子供のピアノ処分するの?その前に弾いてみませんか?

 

年末の大掃除で、毎年毎年、ある葛藤をしています。

それが

「娘の弾いていたピアノ問題」です。

リビングにドーンと置いてあるので、あれがなければ
もう少し部屋が広く使えるのだけど・・・。

メンテナンスにお金もかかるし。

大掃除ついでに売ってしまおうかしら。

でも、思い出もたくさん詰まったピアノを手放すのは
ちょっとさみしいですよね。

できれば、自分で弾けたら良いな。

そんなふうに思っているお父さん、お母さん世代が多いって
ご存知でしたか?

そして、そのお父さん、お母さん世代の夢をかなえる
嬉しいニュースがあることをご存知でしょうか?

 

できれば自分でピアノを弾きたいけど、

今さら指が動くとは思えないし。

ドレミもさっぱり分からないし。

そもそも、音感もないし。

そんな方もご安心ください。

実は、全く初めての83歳の女性が、ピアノデビューを
果たしたレッスンがあるのです。

 ⇒えっ!83歳!

よくよく考えてみてください。

確かに、今さら新しいことを始めるのは大変そうに思いますが
ピアノは、押せば音が出ます。

これって、シンプルですが、他の楽器にはない特徴です。

ドを押せば、ドがちゃんと出る。

なので、初心者の方が思っているほど、難しい楽器では
ないのですね。

ただ、問題は「楽譜が読めない」ということなんです。

そこで、今回ご紹介しているレッスンは、楽譜が全く読めなくても
弾けるというレッスンです。

 →≫≫≫≫読めなくても弾けるとは?

このレッスンのお薦めポイントは

・わざわざピアノ教室に出向いて行く必要がない
・覚えに自信がなくても、同じレッスンを何度でも繰り返し受けられる
・ドレミが全く読めなくても両手でピアノが弾ける
・好きな時間に好きなだけレッスンできる

などなど。

好きなときに、好きなだけ、繰り返し同じところを練習できたなら、
きっとピアノの腕前もグングンと上達しそうですよね。

 ⇒繰り返し?

これまでピアノを習ったこともないような大人でも弾けた、という
感動の声がたくさん届いています。

初めてでも短期間で弾けるようになるなら。

ちょっと嬉しいですね。

娘さんが弾いていたピアノ。

思い出もたくさん詰まっていると思います。

レッスンに行く前に、泣きながら練習してたな、とか。

好きな曲を弾いてくれたな、とか。

そんな思い出と一緒に、今度はあなたがチャレンジを
してみませんか?

詳しくはこちらです。

 ⇒チャレンジしよかな?

しかも、今だけ本編とは別に曲を
増やせるキャンペーン中です。

ただし、このプレゼントは期間限定!

ひ、今すぐ下のリンクをクリックしてご覧ください。


もっとみる!

※人気商品のため、在庫がない場合は入手できません。
興味のある方は、お早めにご覧頂くことをお勧めします。